キャッシュレスの時代に

LCP

押し寄せるキャッシュレスの波を横目で見ながら私たちは今、コインパースが欲しい。
ちょっと河原に散歩に行くとき、お宿に泊まってお風呂に行くとき、やっぱりまだ小銭が手放せない。
だってアイスが食べたくなるかもしれないし、お風呂の脱衣所がお金戻る式のコインロッカーってこともあるし、コーヒー牛乳の誘惑には勝てない。
車で走ってたって都会の道路に停めるには、1時間が100円玉3枚。だからコインパース。

手のひらに収まって、握りやすい形のオーバル型。ジップを開けるとコインがきれいに並んで見やすい。
ハリと硬さのある牛革を薄く漉いて、あえてシワ感を出し使い込まれた風合いに。ジップは復刻版のタロン(起こして引くロック式、自然に開かない)。
と、ここまで作ってあまりに形が好きなので、ひとまわり大きいカード用ポーチも(なんだやっぱりカードいるんじゃん)。
ボールチェーンで繋がって2つセットがいいと思ってる。そのままカード&コインでもいいし、離して別々に使ってもいい。
大きい方は奥さん、小さい方は旦那さんかな(家庭内の力関係)。などと考えながら、新作に取り組んでいます。ううむ。